HOME > 落語の会 > 公演の記録 >福祉寄席 
福祉寄席 


 第1回 「福祉寄席]  (中原区社会福祉協議会 研修室)
開 催 日    平成27年11月15日
出 演 者    林家 ぼたん
「福祉寄席」の1回目の出演者は「林家ぼたん」さんです。
定員一杯の40名の皆様に、ご来場頂き、有り難うございましたました。
この企画は、川崎で車いすでの移動をしている方々に、ボランテイでの協力をしている移送ボランテイア 「なかはら21」が主催です。協力は「社会福祉法人川崎市中原区社会福祉協議会」です。
車いすでのご来場者さんも落語を身近に楽しんでいただけました。
「ぼたん」さんは1時間たっぷりと2席、「子ほめ」・「茶の湯」口演しました。
まくらでスケートの応援で海外に行った事を30分熱く語ります。ロシア語からスケート応援と益々趣味が濃くなっています。 真打襲名披露興行でスケート靴を飾りたい、「でも高座で滑る!」と周囲の反応が気になるらしい・・・
休憩なしで、「ぼたん」さんはトークでも会場を沸かします。
最後に「玉すだれ」の妙技で大喝采! とても素敵な出会いの落語会となりました。