HOME > 落語の会 > 公演の記録 >東田公園寄席
東田公園寄席 

「東田公園寄席]の思い出
 
 東田公園寄席は 平成23年2月
11日~平成25年12月20日開催いたしました。
会場入り口にピンクののぼりをたてました
 古今亭志ん陽師匠 と 
 川崎純情小町が一緒に出演した時の1ショットです。
 川崎純情小町の最初のころのメンバーです。貴重なショットです。
そして志ん陽師匠のこのこぼれるばかりの笑顔!とても嬉しそう。
 川崎純情小町の初期のメンバーに
 よる出演です。

 デビュー曲を披露してくれました。
     
 東田公園寄席では毎回開場の際に地元の和太鼓S.W.Tによる演奏で落語会が幕開けします。   東田公園寄席の会場風景です。  
 第12回 「東田公園寄席] 第1回若手落語家選手権  (川崎産業振興会館ホール)
開 催 日   平成25年12月20日  
出 演 者   三遊亭歌太郎、林家ぼたん、 瀧川鯉八、桂宮治、
春風亭朝也、笑福亭喬若、 (真打ちゲスト)林家たい平

第1回の優勝者は「春風亭朝也」さんです。
この日の演目は「片棒」です。噺に登場します息子の三人三様の性格が良く伝わっていました。この熱演が会場の皆様に喜んでいただけました。
始めて開催のこの会には東西の2つ目さんが6人出演いたしました。各自15分の持ち時間で得意のネタを披露いたしました。

 第11回 「東田公園寄席]   (「東田公園」内 「コミユニティーハウスさくら」 )
開 催 日   平成25年6月1日  
出 演 者    春風亭朝也、 マグナム小林

東田公園寄席の出場者の「春風亭朝也」さんです。2席口演していただきました。
身近な高座で落語を堪能していただけました。

ヴァイオリン漫談の「マグナム小林」さんは、初出場です。
ご来場の皆様のほとんどが、ヴァイオリン漫談を聞いたことがなかったようです。
皆様の反応は期待通りとても喜んでいただけました。
ヴァイオリンで蚊が飛ぶ音を出すと、期せずしてお客様から手で蚊を叩く音がします。思うわず手を叩く仕草が出たくらいにリアルな蚊の音なのです。蠅が飛ぶ音にもやはり前列のお客様が「いやっ!」と反応して会場が大爆笑します。ヴァイオリン漫談をこんなに楽しんでいただいて「マグナム小林」さんをお呼びして大成功でした。

 
 第10回 「東田公園寄席]   (「東田公園」内 「コミユニティーハウスさくら」 )
開 催 日   平成25年3月10日  
出 演 者    下記
落語「入船亭遊一・音曲「柳家小夏」・太鼓「S.W.T]の出演で川崎から元気をお伝えいたしました。
 第9回 「東田公園寄席]   (「東田公園」内 「コミユニティーハウスさくら」 )
開 催 日   平成24年10月6日  
出 演 者    柳家喜多八 ・ 鈴々者八ゑ馬 ・ 創作和太鼓S.W.T
柳家喜多八師匠は2回目の登場です。2席たっぷりと楽しんでいただきました。特に「あくび指南」では何回も会場の皆様から拍手が沸き起こります。つられてあくびが出てきます。演じているあくびなのですがとても自然に出てくるあくびの様でまさに「あくび指南!」です。
   
 第8回 「東田公園寄席]   (「東田公園」内 「コミユニティーハウスさくら」 )
開 催 日   平成24年6月2日  
出 演 者    古今亭朝太、 創作太鼓の「S.W.T」

「第8回 東田公園寄席」の出演は古今亭朝太さんと、創作太鼓の「S.W.T」でした。開場とともに太鼓の演奏が始まり、3人の息のあった熱演で落後会を盛り上げてくれました。
お仲入りの時にも、バチさばきの妙技と共に太鼓の力強い音に魅せられました。

   
 第7回 「東田公園寄席]   (「東田公園」内 「コミユニティーハウスさくら」 )
開 催 日   平成24年3月11日  
出 演 者    桂 坊枝、入船亭 遊一、和太鼓チーム S.W.T(スワット)、川崎純情小町

入船亭 遊一は、東田公園寄席には初出演です。坊枝師匠との東西寄席でしたので上方落語と江戸落語の特徴が良く出た落語会になりました。
ネタだしの「薮入り」が2時から2時40分までの口演でした。奉公先からお里帰りをしてきた一人息子と親の心情が良く出ていました。入船亭の噺をじっくり語る良さが出ていました。
桂 坊枝師匠はこの日、羽田空港から川崎までの道中でアクシデントがありましたが、お仲入り後に間に合いました。このアクシデントをおもしろ可笑しくまくらで話してくれました。
会場に到着後すぐに着物に着替えて5~6分後には高座にあがって「天王寺詣り」を熱演してくれました。
S.W.Tは2008年川崎で結成いたしました。20代を中心にオリジナル和太鼓曲を演奏しています。生の和太鼓の演奏で「川崎から元気を発信」いたします。
川崎純情小町☆が友情出演をしていただきました。このグループは川崎を歌と踊りで地域振興を応援するグループです。
     
 第6回 「東田公園寄席]   (「東田公園」内 「コミユニティーハウスさくら」 )
開 催 日   平成23年12月3日  
出 演 者    古今亭 朝太、古今亭志ん吉
朝太さんの「粗忽の釘」のくすぐりのおかしさに会場は大満足でした。
川崎からCDデビューいたします5人グループの「KJK」が会場に来てくれます。KJKのみなさんで受付やお楽しみ抽選会の協力をしてくれます。
   
 第5回 「東田公園寄席]   (「東田公園」内 「コミユニティーハウスさくら」 )
開 催 日   平成23年10月1日  
出 演 者    柳家 喜多八、 柳家ろべえ
東田公園寄席の のぼりが出来上がり今日始めて皆様にお披露目しました
「喜多八独演会」から 「喜多八親子会」となってご来場の皆様の中には 驚かれた方もいましたが 逆に皆様に喜んでいただけました
番組は 初めにろべえさんが高座に登場です、まくらで たっぷりと振ってお客様との距離を縮めました
「ろべえ」と言う名前の由来に感心しながら 「やじろべえ」から着ている名前だという言葉に納得してしまいました。
初めて 喜多八落語を聞いたかたがたにも とても喜んでいただきました
2席めの噺が終わり 喜多八師匠が高座から降りてもまだ拍手が鳴り止みませんでした
   
 第4回 「東田公園寄席]   (「東田公園」内 「コミユニティーハウスさくら」 )
開 催 日   平成23年8月6日  
出 演 者    林家たけ平
   
 第3回 「東田公園寄席]   (「東田公園」内 「コミユニティーハウスさくら」 )
開 催 日   平成23年6月4日  
出 演 者    桂 坊枝、 柳家一琴、 鈴々舎 やえ馬
   
 第2回 「東田公園寄席]   (「東田公園」内 「コミユニティーハウスさくら」 )
開 催 日   平成23年4月11日  
出 演 者     

平成23年2月11日~平成25年12月20日までJR川崎駅より徒歩7分にあります東田公園内で東田公園寄席が開催しました。

   
 
 第1回 「東田公園寄席 旗揚げ公演  (「東田公園」内 「コミユニティーハウスさくら」 )
開 催 日   平成23年2月11日  
出 演 者    柳家一琴、 桂坊枝、笑福亭喬若   
川崎駅西口から徒歩7分の「東田公園」内のコミユニティースペースで」「第1回東田公園寄席」旗揚げ公演を開催いたしました。会場周辺の商店街の活性化を図るためです。
後援として周辺商店街が協力していただき、当日の会場づくりなどの応援を得ての開催です。
周辺の商店街の後援を得ながら地域振興をNPO法人リールが応援します。