HOME > 落語の会 > 公演の記録 >駒込落語会 
駒込落語会 

駒込落語会 会場

 第1回 「落語三人衆]   (駒込落語会)
    開 催 日   平成28年12月24日
   出 演 者    柳家 喬志郎、 古今亭 菊太楼、  入船亭 扇好  
 12月24日(土)初めての会場で、「駒込落語会」が
 開始されました。 
 第一回は「落語三人衆」です。
 新しい
会場ですが、狭いなりの緊迫感と切迫感があって
 参加された方々も楽しまれたと思います。
 

 三人衆の1番手は「柳家喬志郎師匠」です。
 演目は「唐茄子屋」でした。
 お客様が余りに近くに座っていますので、何とも
 言えない緊張感の中で噺がスタートいたしました。

 
 落語三人衆の二番手は「古今亭菊太楼師匠」です。
 「掛け取り」を口演いたしました。
 何人もの登場人物の描写の可笑しさで聞かせてく
 れました。
 暮れに、暮れの噺は楽しくなります。
 菊太楼師匠の明るさが地のまま出ていて、また聞
 きたくなりました。

 三人目が「入船亭扇好師匠」です。
 毎回ネタだしで大ネタの「芝浜」です。
 おかみさんが、何ともいえずに好きです。
 扇好師匠のセリフ回しが歌舞伎役者を彷彿させら
 れます。
 クリスマスイブに「芝浜」を堪能し、みんな泣き
 ました。


 小さな落語の小屋ではありますが、臨場感がひし
 ひしと伝わってきます。