HOME > 落語の会 > 公演の記録 >峰村の夜
一琴・喬志郎 峰村の夜 


 第 2 回 一琴・喬志郎 峰村の夜   赤坂・峰村
開 催 日   平成28年3月5日
出 演 者    林家 一琴、 柳家 喬志郎
今回のトリは喬志郎師匠の「柳田格之進」でした。
喬志郎師匠はネタおろしのためか、かなりの緊張!落ち着かない様子。
「あの場面の言葉はなんだっけなー?」とつぶやいています。
しかし高座に上がった喬志郎師匠は落ち着いたテンポで噺を進めていきます。
終演後の懇親会の席上「柳田格之進とてもよかった!」との声が皆様から聞かれました。。
2グループに分かれお2人の師匠方も2つのテーブルにそれぞれ座って盛り上がります
一琴師匠はおどけてわざと怖い顔をして周囲の笑いをとっています。
       
  
 第1回 一琴・喬志郎 峰村の夜   赤坂・峰村
開 催 日   平成28年1月30日
出 演 者    林家 一琴、 柳家 喬志郎
「一琴・喬志郎の峰村の夜VOL.1」では交互にトリを取ります。
今回は柳家一琴師匠がとりです。演目は「一目上がり」・ネタだしの「居残り佐平次」。
居残り佐平次はテンポのいい噺の展開でお客様も大満足していました。
口演後一琴師匠は「いままでの中で一番の出来です!」と聞かせてくれます。

柳家喬志郎の演目は「短命」、今回は1席の口演でした。
ぎりぎりまで演目を決めかねていましたがご来場の皆様に楽しんでいただけた事と思います。

終演後の懇親会では、各テーブルに師匠方が回って楽しい会話が進みます。
一琴師匠も楽しそうにお客様との交流を楽しんでおりました。